現金化は絶対避けたほうがいい

現金化は絶対避けたほうがいい

過去にカードローンの借金が膨れ上がった時、現金化してみようかと考えたことがあります。
しかし調べてみると怖いものだとわかりました。あの時現金化していたら今頃は借金がスゴイことになっていたんでしょうね。
現金化とはクレジットカードを使い現金と交換してもらう方法です。
カードにはショッピング枠があるため、それを使って高額な商品を購入します。
それを転売し現金化するのがこのやり方です。
上手くやればマイナスとならず良いと考えてしまいますが、殆どが悪徳業者なんだそうです。
中にはほとんど価値が無いような商品を指定されることがあります。
ネットなどで購入し、それを現金化しようとしてもほとんど価値が無いためお金は手に入りません。
業者からはキャッシュバック金として一部がもらえるのですが、それでもお金を出して商品を購入したことには変わりがありません。
今現金が手に入っても購入した商品に価値が無いと、その分損してしまう仕組みとなっています。
後はカードで購入した商品の代金を分割またはリボ払いで支払うことになります。
つまりクレジットカードの借金も増えるわけで、二重の苦しみとなるのです。
目先のお金の欲しさで現金化してしまうと、後々の借金が増えるため大変な目にあうことが体験からわかりました。