公的機関に相談する方法もある

公的機関に相談する方法もある

カードローンは生活費のためというよりは、冠婚葬祭や病気の時用にカードを持っている人も多いと思います。
そうやって最低限使う基準を設けていると使いすぎは防げます。
でも病気でお金が必要になった時には、安易にカードローンに頼るのではなく、公的機関に相談する方法もあることは覚えておいた方が良いと思います。
私も以前カードローンで失敗したことがあるためそれを実感しました。
調べてみると病気の場合にもらえる公的な支給金も色々あるんです。
それを知っているか知らないかで、後々カードローンで借金を抱えるかが変わってきます。
例えば難病だと治療費の一部が支給され、月々の医療費はかなり安くなります。
ほかにも高額療養費の申請をしておくと、病院の費用の一部しか支払わなくても良い制度があったりします。
確定申告だって後々税金が戻ってくるためやったほうが良いでしょう。
こういう公的な援助は自分で申請しないともらえないのが特徴なのです。
カードローンも上手く使えば便利ですが、病気に関しては公的支援が無いか一度相談してみると良いと思いました。
もちろん一時的に費用を工面するためカードローンを利用するのは悪いことでは無いと思います。
後で補助金がもらえるならその分一時的に借りてもいいですしね。