e-金欠対策≪お金がなくても借りれば平気!!≫

消費者金融について 

何度かお金を借りた体験談

簡単に私のプロフィールを紹介します。
30代男性、子どもが1人います。
過去にカードローンを利用したことがあるのは数回、主に消費者金融が多いのですが、最近は銀行のカードローンのほうが金利が低いことに気がつき利用したこともあります。
そんな私ですが、カードローンを検討している方の役に立ってもらえればと思います。
最初にお金を借りたのは学生を過ぎた頃でした。
高校卒業後働き始めたのですが、一人暮らしをしていたこともあり、生活費以外の費用はほとんど出せない状態でした。
高卒だと初任給も安く、急な出費に耐えられなかったからです。
その後はキャッシングの便利さを知ってしまい、何度か利用してしまいました
結婚した今でもお金を借りる癖は止められず、貯蓄が無くどうしても費用が必要な場合に利用しています。
それでも多額な借金に膨れることは無く、毎回きちんと返していたこともあるせいか最近は利用限度額も増額されました。
若いときの借金はどうかと思いますが、生活を豊にするための費用はある程度必要かと思います。
子どもがいると毎月かつかつの生活費というわけにもいきませんからね。
これらが私のカードローンヒストリーです。
借りた回数もあるため、皆さんに役立つ情報もあると思います。

1回目の融資はクレジットカード

人生ではじめてお金を借りたのは、クレジットカードのキャッシングでした。
社会人になったらクレジットカードの1枚は必要だと思い申し込んだのが始まりです。
カード名はイオンクレジットです。
名前が知られているからとりあえず申し込んだけど、後で調べたら流通系は申し込みしやすいことがわかりました。
社会人で始めて作るのに便利なカードだと思いました。
イオンカードのキャッシング枠は10万円でした。
最初はネットで買い物をする時とか、携帯電話の支払いで使おうと思っていたので、キャッシング枠があることは知りませんでした。
ある日クレジットカードでお金を借りられることを知り、友人の結婚式の費用が足りなかったことから利用しました。
少ない費用だけと思っていたため不安はありませんでした。
翌月に返済を終えてとりあえずローンは終了しました。
クレジットカードのキャッシングをはじめて借りたときの感想は、とても簡単でした。
まったくお金を借りている認識は無く、少ない金額だったため意識は低かったようです。
まったくお金を借りている認識は無く、少ない金額だったため意識は低かったようです。
まさかその経験が後々ローンを何度も繰り返すとは思ってもいませんでした。
若いうちに簡単にお金を借りる経験は良くないかもしれません。

お金を借りるのってすごく簡単

1回目のキャッシング利用で簡単だった経験から、お金を借りるのは意外と簡単だと思ってしまいました。
最初は借金なんて・・・
誰かに見られたら恥ずかしい・・・
みたいに思っていたのに、クレジットカードのキャッシングの利用はかなり簡単だったのです
銀行のATMに入れて借入ボタンを押し、必要な金額を選ぶだけで、まるで自分の銀行口座からお金を引き出したような感覚で借りれてしまったのです。
そのときクレジットカードのキャッシングは何て便利なんだ!と思ってしまったのがはじまりです。
ついにキャッシング枠一杯に利用してしまう日がきました。
ギリギリの生活費で暮らしていたことはお話しましたが、何かと出費がかさんだときにちょこちょこと。
ある日借入金額が一杯になっていたことを知りはじめて事の重大さに気が付きました。
それからはコツコツと借りた金額は返済し、もう二度とクレジットカードのキャッシング枠は使わないと決めたのでした。
しかしその後どうしてもお金が必要になった機会があったため、よく厳選してからカードローンを申し込みました。
それからは最初に慎重になったおかげで金利が低く、利便性も良い自分にあったカードが見つけることができました。
またクレジットカードのキャッシング枠より、お金を借りている感覚もありました。

お金を借りている感覚が重要

お金を借りる以上は借りている感覚を得やすい方法を自分なりに探す必要がある時が付きました。
仕方が無いときに借りるのは悪いことじゃない、でも借入先はちゃんと自分で探さないとダメだと知りました。
次に選んだのはプロミスでした。
選んだ理由は次のようなことからです。

 

プロミスを選んだ理由

・ 自動契約機でお金を借りると実感が沸く
・ ATMの利用時間が最大24時までと長い
・ 土日祝日も自動契約機が使える
・ コンビニなど提携ATMは手数料がかかる

 

まずはお金を借りている実感を出すためにあえて自動契約機のみでお金を借りることにしました。
人目も気になるため頻繁に借りるのを避けられています。
プロミスのATMは稼働時間が他の有名消費者金融より長く、使い勝手が良いことも選んだ理由のひとつです。
最後のコンビニATMがかかるというのは、手数料がかかることで手軽にお金を借りない自制の意味のためです。
安易にコンビニATMで借りられると人目が気にならず、借りすぎてしまうと思ったからでした。
プロミスの利用限度額は結果的に100万円でした。
その後増資のお誘いがあり、金利を15%まで下げられると聞き、利用限度額を上げてもらいました。
さすがに100万円以上は使わない予定でしたので、増資は金利を下げるためだけの目的で了承しました。

クレジットカードは借金地獄に陥りやすい

私の今までのローン経験からいうと、クレジットカードのキャッシング利用は借金地獄に陥りやすいと感じました。

以前の記事にも書きましたが、それは次のような理由からです。

借金地獄に陥る理由

・ お金を借りている感覚が麻痺しやすい
・ 少ない支払いから選択できる
・ 後で支払額を減らしてもいい

クレジットカードのキャッシングでは利用限度額以内なら自由に使うことができます。
そもそもこのカードは銀行などのATMでお金を借りるため、借金している感覚が少ないんですよ。
次に支払額はカード会社にもよりますが、最低5,000円でもよかったりします。
最初は計画的に返済の金額を決めて支払っていても、途中で支払いが無理だと思うと人の心理ではずっと5,000円の支払い金額を続けてしまったりします。
そうするといつまでも支払いが続き、後で見返すと借金が殆ど減っていないこともあります。
最後に支払い金額は後で変更ができるため、少ない支払額にしがちです。
クレジットカードのキャッシングでお金を借りる意識が低ければ、月々の返済額も少なくても大丈夫だろうと思ってしまうわけですね。
更に途中でキャッシングをすると永遠と支払いのループに陥ることもあります。
私がクレジットカードのキャッシングだと怖いなと思ったことがこれらです。

繰り上げ返済すべき理由

私が過去に何度かカードローンを利用した上で出た結論は、「ローンはできるだけ繰り上げ返済するほうが良い」でした。
カードローンの返済のほとんどはリボ払いとなると思いますが、この方法だと借金が膨らんでいるのに気がつかないこともあるからです。
リボ払いの怖い所は、最低支払い金額を返済していれば何も問題は無い点です。
例えば10万円借りても、20万円借りても最低返済金額が5,000円だとしましょう。
月々5,000円で支払っていると何ヶ月かかるか考えてみてください。それに利息が毎月かかるわけですから怖いのです。
私ももう返済が終わるだろうと残高を確認すると、殆ど減っていませんでした。
途中でカードローンを何度か利用したことと、月々の返済額が少なすぎて元金の返済の割合が少なかったためです。
でもリボ払いは後からまとめ払いが利用できます。
余裕があるときに繰り上げ返済をしておくと、思ったより利息を少なくできます。
借金地獄にならないためにもカードローンは、できるだけ返せるときに多めに返すが良いと思いました。
リボ払いで分割にすると途中で何かお金が必要になる場合もあります。
後で支払えば大丈夫と思わず早めに返済を終えるのが賢いコツのようです。

消費者金融について 

関連したサイト

消費者金融一覧・・・借りる前に知っておいた方がいいことなどをまとめています。